top of page

台湾交流事業(国立新竹高級工業職業学校来校)

5月9日(火)、台湾の国立新竹高級工業職業学校の校長先生をはじめ職員3名と高校生36名が来校し、本校生と交流しました。国立新竹高級工業職業学校は、2020年に姉妹校として締結した学校です。

オープニングセレモニーでは、台湾の高校生が儀仗隊パフォーマンスや合唱を、本校生徒会は花笠踊りを披露しあい、とても盛り上がりました。その後、昼食会では本校生徒がラーメンをふるまい、「うまい・おいしい」など大盛況でした。午後からは、お互い交流体育やワークショップを楽しみました。この日の交流をきっかけにLINEの交換をした生徒もいたようで、これからも続く友好の最初の一歩になったのではないかと思います。最後は学校正面で、応援委員会による魂のエールを送り、台湾から来てくれた新しい友人たちを見送りました。

今回の交流会では、高校生たちはお互いの文化や習慣について、さまざまな共通点と相違点を感じ取ったと思います。それぞれの未来につながるような、すばらしい交流会となりました。










Comments


bottom of page