トップ/スクールライフ/山工元気プロジェクト

山工元気プロジェクト

生徒会が中心となり計画・実行をしています。

試行錯誤を繰り返しながら押し進める、山工生の夢とロマンが込められたプロジェクトです!

​みんなで美味しいマンゴーを作ろう!

 

次の100年に向けて

For the next 100 years

次の100年に向けて SDGs実現に取り組む

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 

​持続可能な未来に向けて

SDGs(持続可能な開発目標)達成に向けた連携
地元「山形」から地域や社会の課題発見・課題解決

普く知識を世界に求め 工業の取り組み

  • 国際交流によるグローバル視点での課題解決力
    新竹高級工業職業学校(台湾)との連姉妹校締結および技術交流
    「新竹の強み」「山形の強み」を活かしたパートナーシップ

  • 100年先の持続可能な未来に向けて、今、私たちにできること『山工 NEXT Vision 100』

SDGs.jpg

わたしたちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

next10ロゴ.jpg
 

教科横断プロジェクト

Cross-disciplinary project

​「ものづくり」から始まる、新しい「山形の特産品開発」による「地域課題の解決」

プロジェクト概要・計画

IoT・バイオマスエネルギーを利用したスマート植物工場による 『山形産マンゴー』 の栽培

労働人口減少問題に対して

  • IoT を利用したスマート工場の開発

  • IoT・AI による監視の全自動の植物工場

  • ICT 機器による遠隔操作での監視

東北の雪国「山形」で
南国育ち「マンゴー栽培」の挑戦

環境問題に対して

  • バイオマスエネルギーの可能性の探求

  • 鑑賞用ヒマワリ栽培で地域の笑顔の輪を

     (ヒマワリの種から BDF 精製)

  • 家庭からの廃食油を利用し BDF を精製

     (マンゴー栽培のエネルギーへ転用)

地域循環エコシステムの確立

特産品で山形に元気を

・「山形産マンゴー」による地域活性化
     山形の新たな特産品を目指す
・マンゴーを活用した商品を開発
・PR へ公式キャラクターの活用
   紙媒体から CG・VR 動画へ

新たな体験や価値を創造
「Made in YAMAGATA」を世界へ

活動報告